Web系への転職方法

エンジニアがWeb系へ転職をする方法として代表的なものには3通りある。
どの方法でもWeb系エンジニアとしてのキャリアを作り上げることは可能だが、良し悪しがあるのでどのような人生を送りたいのかをよく考えた上で選ぶことが重要だ。

最もよくあるのが未経験のエンジニアも募集している求人に応募する方法だ。転職エージェントなどを利用している人も多いが、そうでなくとも一般的な求人を探すだけでかなりの数の候補を見つけられるだろう。
もともと業界外の人材すら募集している求人なので、業界内でエンジニアとして働いてきたキャリアがある場合には速やかに採用されることが多いようだ。しかし、給与などの待遇面はあまり高くないのが悩みになりやすいだろう。

フリーランスを経てWeb系に転職する方法もあり、フリーランスをしている間に技術の幅を広げてWeb系の仕事も担っていくことが重要になる。フリーランスをするのに興味がある人には魅力的な道だが、一度企業を離れてしまうと実力が十分にないと再就職も難しくなるという問題がある。
とはいえ、反対に実力が十分に身に付いている場合はそのままフリーランスとして働いている方が収入は高いだろう。営業や税金などの対応が煩わしくなく、高収入を望んでいるのであればそのままフリーランスとして働くというのも1つの手だ。
とりあえずWeb系転職でフリーランスになった方のサイトを紹介するので、気になる人は参考程度にまずは読んでみると良い。
⇒そのサイトはこちら

そして、もう1つはWeb系ベンチャー企業への転職を目指すという方法だ。ベンチャー企業ではWeb系の経験を求めず、他の分野で活躍してきたエンジニアを抜擢することがよくある。高い待遇で受け入れてもらいやすいものの、残業が多いなど、仕事の忙しさが問題になってしまうことも多い。

どの選択肢にしてもメリットもデメリットもあるため、自分なりに良い方法を選ぶことが大切だ。