マーケテジングに関わりたいならWeb系

エンジニアとしてITに関する技術的な仕事だけでなく、広くビジネスに関わっていきたいという人はWeb系で働くことを考えるのも良いだろう。エンジニアがWeb系へ転職するとマーケティングをする視点で仕事に携われる面白さがありるからだ。

Web開発の一端を担うのがエンジニアで、主に機能面で重要な役割を果たすが、その良し悪しによってカスタマー側の満足度が大きく左右されるのは確かだ。Webアプリケーションなどのニーズを捉えて、いかにして魅力のある製品やサービスとして世の中に打ち出すかが企業にとって重要な課題になる。
そのためにはマーケティングを徹底して行う必要があるのだが、その現場にエンジニアがいなければ現実的に可能なことを議論しているのかがわからなかったり、本当はもっと高度なことができるのに素人知識で不可能だと考えたりしてしまうこともある。そのため、積極的にエンジニアをマーケティング戦略を考案するための会議に出席させ、マーケティングへの関与を期待している企業が増えているのだ。

エンジニアの視点から売上につなげるための戦略を提言し、実際にその開発に携われるというのには面白みがあるだろう。Webを媒体としてやりたいことを自ら考えて実現のために努力するという形で仕事ができるようになり、高いモチベーションを持ち続けられるはずだ。マーケティングに興味がある人にとってWeb系への転職は魅力的だといえるのではないだろうか。