成果に見合った評価を受けたいならWeb系

Web系の企業では成果を重視しなければ生き残れない最中にある。そのため、成果主義の傾向が強く、担当しているプロジェクトがもたらした利益に応じて昇進や昇給の検討が行われたり、インセンティブが支払われたりすることが多い。
実力を磨いてきたエンジニアは担当するプロジェクトの数も多くなり、個々のプロジェクトで大きな役割を果たしていくだろう。すると自然に年収が上がり、さらに働こうという意欲が生まれてくるのがWeb系へ転職する面白さである。

漫然と馴れ合いの現場で働くのが好きな人や、ずっと働き続けていればいつか年収が上がるから良いと考えている人にはWeb系は向かない可能性があるだろう。
しかし、働ける若いうちにできる限り成果を上げて、それに見合った評価を受けていきたいと考えている人にとってやりがいのある職場になる。

年功序列の現場が多いのは日本の特徴だが、実力があるのに正しく評価してもらえずに目上の人ばかり高い評価を得ているのがストレスになるエンジニアもいる。その際にWeb系へ転職してみると実力が正しく評価されて仕事にやる気が出てくることがよくある。

結果としてWeb系の企業で才能を開花させて活躍し、飛躍的に年収も上がって満足の人生を歩んでいるエンジニアも多くなっている。エンジニアにとって専門的な技術を成果に結びつける力があることを給与で評価してもらうのは魅力であり、評価システムが整っているWeb系で働くのは合理的である。