SIerのITエンジニアとの違い

ITの会社にはWeb系とSIerが存在している。
Web系はスマートフォン向けアプリやWebサイトなど、企業だけでなく個人も見れるものを開発することが多い。SIerは大規模開発を手がけており、主に企業で使うシステムの開発を行う。それぞれに特徴があるので、それをもとに自分にはどちらが向いているのか判断できるだろう。

Web系とSIerの違いとして大きいのは会社の規模だ。
Web系はかなり小さいことが多い。少人数で開発を行う特徴があるため、能力が高くないと上手く結果を残せないだろう。また実力主義の会社も少なくなく、自分の実力に合った所を選ぶ必要がある。
SIerはそれに比べると能力は問われづらく、平均的な実力があれば働ける所だ。大規模に組織的な開発をするので、実力よりも協調性などを問われやすい特徴がある。

エンジニアの仕事は自分の能力に合っている所を選べば失敗しないだろう。ITの分野ではWeb系とSIerの違いが重要になるので、よく理解しておけば失敗せずに済むはずだ。
スマートフォンの発達によってWeb系は人気が高く、好条件の求人も多く存在している。成功すれば大金持ちになれる仕事もあるため、大きな勝負をしてみたい方にも向いているだろう。
SIerはそれほど大きな変化は起こっておらず、安定しているため仕事をしやすい。長期間安定して働きたい方に向いていて、好条件で仕事ができるので人気がある。
eb系とSIerの違いは大きいが、特徴を知っておけば上手く対応できるだろう。